SINCE 1949     組合加入のお問い合わせ
電熱組合50年史


表紙

もくじ
内容
A4 サイズ
196ページ
カラー:36ページ
モノクロ:広告ページ77社44ページ
組合員名簿
1社A4 1/2ページに代表者の個人情報、生産設備、主生産・取り扱い製品などを記載
賛助会員名簿
年史・年表

昭和24年〜平成11年 業界・中小企業の主要出来事を記載

「国立国会図書館等に寄贈されます。30年史、40年史刊行以来、学術研究の資料として提供を要請されることが多いのです。」

一般頒価:¥3,000
送料:¥340
お申し込みは,下記にお振り込み後
TEL:
03-3576-1123または
E-メール:
kumiai@dennetsu.or.jpまで。
<振り込み銀行>
東京三菱銀行
駒込支店
普通口座 4645244

日本電熱機工業協同組合宛
「50年史」刊行に際して
 私どもの組合は、平成11年10月24日をもって創立50周年を迎えました。昭和24年戦後の復興に立ち上がった当業界の先達が組合を設立し、当時占領下にあって資材の調達をするために通産省、占領軍司令部(GHQ)の輸入許可に奔走し良質のマイカの輸入に成功、組合員に供給し工場の生産開始に大きく寄与しました。

 また、粗悪製品の排除のため通産省担当官と各地の工場を回るほか、国との共同試験機関への参画など行政への協力の第一歩を踏み出しました。

 このような電気用品法令・技術基準・規格の改正などの諮問機関での協力は、後年、基準・規格の合理化に関する平成11年の大変革の法改正、第三者認証制度という民間認証への移行などへの審議にいたるまで一貫して参画しており、業界団体としての責務を果たしております。

 草創期には、金融事業開始により組合員企業が発展増加したほか、物品税廃止運動など、復興期において品質の優れた民生用、産業用機器の生産供給によって、戦後のわが国の豊かな暮らしの向上に貢献して参りました。

 さらに、労働時間短縮、休日増加に関する官公支援事業をいちはやく取り入れ、業界時間短縮問題の改善普及の先鞭となり、指導的役割を果たし、大きな成果を挙げました。ほかに数々の組合事業の導入を立ち上げ、堅実な運営拡大をしてまいりましたが、昭和61年5月には自前の「電熱会館」を建設、落成にいたりました。

 この苦節と栄光の歴史を50年重ねてこられましたのも、先人の功績が挙げられ深く敬意を払うものでありますとともに、行政当局、関係団体、関係企業のご支援、ご協力の賜物であり、深く感謝申し上げる次第であります。

 21世紀を目前にして現在の業界を取り巻く環境は、国内失業率4.9%と記録を更新したこと、「産業再生法」、「電気安全法」が成立した背景、意義を見定めて各企業ともども戦略を練らなければならないことかと存じます。

 50年の節目にあたってこの局面を迎え、次なる発展は、私ども組合員企業経営者も次の世代に引き継いで行く機運にあり、ときあたかも、その胎動がグループとして組合内で産声を上げましたことを、ここにご報告し、その会が研鑚に努めて発展に傾注することを期待し、関係各位の一層のご支援をお願い申し上げる次第でございます。

 創立50年、この間、組合「30年史」「40年史」の刊行において中小企業史、電熱機器業界の歴史上の存在意義と業歴を叙述してまいったのでありますが、半世紀に及ぶ <激動変転を経た平成11年、今日の視点からこの半世紀の電熱機器業界、当組合の記念碑的な「50年史」へと総括したものであります。

 終わりに、多くの関係各位から貴重な資料、ご寄稿をいただき、ここに感謝の意を表する次第であります。

平成11年10月24日

理事長  渡 邊   清 



日本電熱機工業協同組合